アクセス解析
カウンター
土壌汚染リスク解析

土壌汚染リスク解析を実施しています。

  HOME  TOPIX  会社概要  業務案内  出版物  採用情報  サイトマップ  メール 


HOME業務案内環境部門TOP>土壌汚染リスク解析

 

業務案内INDEX

新エネルギーの利活用Phase1


新エネルギーの利活用Phase2


新エネルギーの利活用Phase3


新エネルギーの利活用ご依頼

・メールフォーム

 

当社の技術者業務案内

・新エネルギー部門

・環境部門

・IT部門

・その他サービス


(環境部門)

当社の技術者地域都市計画

・環境アセスメント

・基本構想および計画作成

・各種計画設計


(新エネルギー部門)

当社の技術者風力発電環境アセス


(会社概要)

当社の技術者有資格者


土壌汚染リスク解析

 当社は土壌汚染対策法に基づく指定調査機関です。

 土壌汚染の調査は、試料の採取地点の選定、試料の採取方法などにより結果が大きく左右されるので、調査結果の信頼性を確保するためには、調査を行う者に一定の技術的能力が求められます。

 そこで、環境大臣が土壌汚染対策法に基づく土壌汚染の調査を的確に実施することができる者として指定するのが、指定調査機関です。

 過去に使用されていた有害物質などが検出されるといった問題が発生する可能性があります。私たちは貴重な資産である土地の履歴等を当社環境カウンセラーや環境計量士等が調査し、また実際に分析を行うことにより土地の価値を正確に評価し、適切な対策を提供します。

工場跡地の土壌調査    施設設置前の事前土壌調査

 

現 地 の 分 析 調 査 を 伴 わ な い 簡 易 診 断

TYPE1

工業用地以外のサイトアセスメント

TYPE2

工業用地・跡地のサイトアセスメント

 

Phase2

現 地 調 査 や 化 学 分 析 を 伴 う 調 査

現地で若干の分析調査を伴う簡易調査(法律・条例に準拠しない)

法律・条例に準拠した現地の分析調査を伴う調査

土壌・地下水汚染の定量的評価(基準値比較)

土壌・地下水汚染の定量的評価(基準値比較)法律・条例に適合

Phase3

浄 化 工 場 の 設 計 と 実 施

汚染範囲、汚染機構を把握するための詳細調査
対策工法の詳細設計検討および設計 効果確認のためのモニタリング 汚染修復の完了

 

 

当社環境形成研究所は水産土木調査業務と風力発電の立地計画が主要な業務でありましたが、近年の各種環境問題の広がり等、21世紀の社会要請に貢献することを目標に新たに業務分野を拡大・充実させ、皆様のお役に立てるコンサルタントを目指しております。それに対応するため、専門技術者の増員、また各分野において実績のある企業との業務提携等体制を強化いたしました